きゃん日記

メンヘラの吐き出し場 双極 ほぼ鬱

友達とずっとわあわあ話してたら朝になった
朝早かったはずなのに全く眠くない。完全に躁ですね!やったぜ。薬飲んだから落ちるまで書きなぐる。しかしいつまで続くんだこれ、何かしなきゃっていう焦りと万能感と、終わった時の反動が怖いっていうのがすごい。

連日人と話してるから、そろそろ1人の時間を作った方がいいんだろうなぁ。
連絡したい欲は押さえ込んだ。お昼ご飯も家族と一緒だったので食べた。お腹壊したけど。
わたし偉い。進歩した。偉い。
買い溜めしてるお菓子がまた増えた。いつ食べるんだよこれって量になってる。タバコもどんどん増えている。

そりゃ私が来た事情は知ってるよね、だって今迄部外者だったんだもの。そうだよね。的な。うん、わかってた。やっぱりね。知っても尚受け入れてくれることに涙が出た。
どんな結果になっても最後まで付き合うって言ってくれた彼女には頭が上がらない。本当にありがたい。通話しながら泣きそうになって必死で堪えた。私にはまだ友達が、気に掛けてくれる人が居る。
でも甘え過ぎたらいけない。

人間って本当に色んな人が居る。簡単に区分けなんてできないし、したらいけないんだと思う。大事なのは見分ける?付き合い方を考えることなんだなって。年取ってからこんな基本的なことを思い知る。
信用し過ぎないようにするんだ。そんでもって、もう何も喋らないようにするんだ。私は何も考えていないよって演技をするんだ。普通になったよって。
演じる、私は私を演じてる。
自分の中の正義を相手に押し付ける事だけはしたくない。そのエゴから歪みが産まれて、壊れていく。何回も見てきた光景だ。
好き嫌いは勿論あるだろうけど、それを表に出さないように。

「やっぱり」最強説。
すごい、自分を強引に納得させられる。わかってたからぁ〜って思うとダメージ少なくなるからね!生きる知恵ですよぉー。諦めることに似ている。
最初から希望持たなきゃ楽なんだ、諦めてれば楽なんだよ。

友達と話してるのに虚しさが過るのは何故か。
結局は彼が好きで固執してるって所に返るんだ。
友達に失礼だ。ひどい、こんなこと思うなんてさ。でも襲ってくるんだ、彼と話したいって気持ちが。

もう忘れたいなあ、あの言葉、あれは夢だったんだよ。

死にたい。